IDA立ち上げへの思い


パソコンが家庭や職場に普及するようになって、はや25年以上経ちます。

当時は、国を挙げて『IT講習』を各地で普及していた最中でした。特にインストラクターが足りない状況で、各地でも『インストラクターを育てる教室』や『トレーニング講座&試験』が多かったように思います。私も当時「パソコンインストラクターになりたい!」と夢を描き、無我夢中で勉強し、トレーニングを受け、マイクロソフト認定トレーナー(MCT)になることができました。


その後、パソコンスクールのインストラクターを17年勤める中で、当時勤めていたスクールでの内容(カリキュラム)だけで無く、もっと幅広いニーズに対応したいという思いに駆られ、2016年に自営業の道へ(地元、香川県観音寺市に、わくわくパソコン教室を開校) 教室での年齢層は、小学生~シニアの方まで、内容は、パソコンだけでなく、スマホやタブレットに至るまで、またその方のスタイルに合わせ、『家庭で』、『ビジネスで』『学校で』と多種多様なシチュエーションや内容にも対応する教室を運営し、多くの受講生が通われています。


最近、受講生の中でも「苦手だったパソコンが大好きになったので、パソコンの先生になりたい!先生になるにはどうしたら?」といった質問をいただくことが増えてきました。 そういえば、私が当時インストラクターになりたい!と目指していた頃のようは資格やトレーニングがあまりない事に気が付き、せっかく、これからパソコンの先生になりたい!といった方に教え方(インストラクション)のトレーニングや、もっと身近で受験できて、わかりやすい資格を作りたい!と以前、インストラクターのトレーニングでお世話になって井殿先生に相談したところ、今回協会として立ち上げるようになりました。


これからのインストラクターは、パソコンの先生だけでなく、スマホの先生、例えばメルカリの先生、リモート(ZOOM)の先生など、得意分野で副業もできる世の中にマッチした先生を育てることが不可欠だと感じています。

このIDAがこれからインストラクターになる方々が活躍できるきっかけの場である事を願います。


2021年3月22日

わくわくパソコン教室 髙橋 智津子





#IDA #インストラクター養成

34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示