感謝 ~道という言葉に背中を押され~


昨秋ある区切りでインストラクター養成の何十年かの歴史を、終えたと思った矢先に、様々なご縁に支えられてIDA設立に至りました。


インストラクターの方々が、メーカーブランドや公共認定ではなく、自分の存在する位置をさがす航海の灯台を必要としていることに胸を打たれ、気持ちが動きました。


茶道の、裏千家と表千家みたいな感覚でいいじゃないかと考えるに至ったのです。


プロとして走り続けている道の在りようを、体系立ててお伝えすることでもし、少しでも御同輩みなさまのお役に立てるならばと考えました。


茶道、華道、柔道、など道と名の付く道のりには、社中にのみ口伝で残る技もあります。


庭先の野の花をお手洗いに沿える華道もあれば、大ステージで活ける人間が主役の華道もあり、そんなことも自然体で、楚々と、インストラクションの道を語り合い極め合う感動を、共にできる機会をいただき、感謝しかありません。


どうか、今後IDAが、多くのインストラクターの方々のお役に立ちますように。そして、その向こう側におられるITユーザーのしあわせにつながりますように、微力ながら尽力させていただきます。~感謝~


#インストラクター養成 #インストラクション認定

27回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示