2022年 明けましておめでとうございます。

更新日:1月11日

謹んで新年のお慶びを申し上げます。


さて、年頭にあたって、DXと能力開発のお話をしたいと思います。


様々な解釈がある中、個人的には「デジタルトランスフォーメーションとは、デジタルシフトの破壊的な影響をもたらす進化したテクノロジーを活用して、①社員②データ・・・データドリブン③プロセスを統合し、企業を変革して、価値を生み出す」こととする説に賛成です。


説の中にはIT化やOA化と、DXの差が明確でない説もあります。「破壊的な影響をもたらすテクノロジーの進化」ということがその大きな差だと考えています。社員もデーターもプロセスも、その進化に本質的に馴染むことが必要であり、


その能力開発のお手伝いが企業向ITインストラクターの使命だと考えています。ご家庭向でも、アレクサがいる家庭とそうでない家庭の今後を考えると、こちらもITインストラクターに期待される使命は大きいですね。



「能力開発」=「イベント」というシーンに悩まされたITインストラクターの方は多いはずです。その研修プログラムが、いかに個々人本来の現場へフィードバックされるか、


今年も関わってくださるすべての方が、さらなるHero&Heroineとして明るい進化を遂げ、新しい価値を生み出す、そのお手伝いをしてまいりたいと考えています。


本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

インストラクション研究協会主宰 井殿寿代



閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

遠くへ。